menu

自分の面倒を見た子供が相続で優遇される?

公開日:2018年09月12日 カテゴリー:お知らせ, 未分類 タグ:

相続の本や勉強、セミナーを聞くと「法定相続」の話から入る方は多いそうです。

しかし、「法定相続」分で相続をすることは果たして亡くなった方の意思にそっているといえるのでしょうか。

複数いる子供のうち、同居していて面倒を見ていた子が優遇される、という法律は現時点ありません。

民法上は同じ子ということで平等に扱われるのです。

 

こういったことが相続トラブルに繋がるのです。

 

同じ子供だからみんな平等にわけてほしいと願う人もいると思いますが、全然会ってない子と最後までお世話をしてくれた子、やはり後者に優遇して多く財産を残してあげたいと思う方は多いのではないでしょうか。

 

相続トラブルを防ぐ為に、やはり「公正証書遺言」を作成してしっかり意思を残してあげることが大切です。