menu

「自筆証書遺言」の注意点

公開日:2018年09月11日 カテゴリー:お知らせ, 未分類 タグ:

自筆証書遺言とは、自分で書く遺言のことです。

ただし、ただ書けば良いというものではなく、有効に使えるようには条件があります。

 

・日付の記載

・氏名の記載

・印鑑の押印

・自筆で書くこと

 

上記を間違えると、遺言書が無効になってしまいます。

また、他の相続人が偽造だと言い出す可能性や、

前にも書きましたが結構多いのが、他の相続人にとって不利な内容の場合に、

先に見つけた人がそもそも存在を隠してしまう可能性があります。

また、不動産や口座など財産の特定の書き方により、無効となる場合も多いため、単純に書けばいいというものでは無いので、注意が必要になります。